年末年始のお休みのお知らせ     2021年12月28日~2022年1月5日    お休みの間のご注文に関しましては1月6日より順次ご連絡致します

2021/12/13 16:22

名入れが喜ばれるワケ

身につけるものなどに名前を入れる。いわゆる「名入れ」は、他の人と同じもののようでありながら、さりげなくその人らしさを演出する、人気のファッションスタイルです。
こうした名入れアイテムからは、単に持ち主を明確にするだけでない、「特別感」が感じられるもの。この名入れを行うサービスはさまざまなアイテムで行われていますが、やはり多いのは身につけるものではないでしょうか。
万年筆などの筆記具から財布やトートバッグなどのアクセサリー&バッグ類。またドレスシャツやハンカチーフ、意外なところでは包丁などでも見かけますね。
自分の名前が入っているだけで、そのアイテムへの愛着は何倍にも増していくもの。自然と「長く使おう」、「大切に使わなくちゃ」、「使い古しても手放したくない」といった気持ちにさせるようです。


名入れのギフトは、喜びも何倍に

そんな名入れによる特別感が最も効果を発揮するシーン、それが大切な人へのギフトです。贈られた側は、「自分にふさわしいものを選んでくれただけでなく、自分だけのアイテムを贈ってくれた」ことに感激するはず。
名入れによる嬉しいサプライズは、贈られた側の心にいつまでも残り、そのアイテムを身につけるたびに、贈ってくれた人への感謝の気持ちが蘇るのではないでしょうか。


最近のトレンドは、イニシャル

アイテムに名前を入れること自体は、何十年も前から行われている、定番のファッションスタイルです。けれどもその定番にも、トレンドがあります。
最近人気なのは、苗字や名前をすべて入れるのではなく、イニシャルだけを入れるというもの。一見しただけでは分からないさりげなさが、人気の理由です。
サービスによってはイニシャルをモノグラム風に組み合わせたものもあり、デザイン性にも優れ、アイテムをグッと引き立てることにもなります。
誕生日やクリスマス、バレンタインデー、父の日、母の日、進学・就職祝いなど、どんなシーンでも喜ばれる名入れのギフト。中でも喜ばれるのは、名前が付けられた出産記念や、新しい名前になった結婚記念など、名前にまつわる記念日なのではないでしょうか。